教育と思想

石崎昇子, 塩見美奈子 編

女性差別はいかに認識され、現状の変革をめざす解放思想はどのように形成されてきたのだろうか。本書では、各時代の女性に対する認識の差異をくっきりと映し出す理想的女性観、時代がめざす女性を創り出す教育、女性解放思想をめぐる諸論文を取り扱った。今も進行中である、平等と自立を求める女性たちの、旧くて新しい思想的課題を追求する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 求められる女性像(節婦孝子の表彰と庶民の女性像-古代を中心に
  • 神道の女性観-女人往生思想との比較において
  • 力女の説話 ほか)
  • 2 教育と女性(平安時代女性の真名漢籍の学習-一一世紀頃を中心に
  • 寺子屋と女師匠-江戸から明治へ
  • 高等女学校令成立の思想的基盤-女子教育論分析を中心として)
  • 3 女性解放思想の形成(幕藩制解体期における一女性の社会批判-只野真葛の『独考』を中心に
  • 明治期における西欧女性解放論の受容過程-ジョン・スチュアート・ミル The Subjection of Women(女性の隷従)を中心に
  • 「母性保護論争」の歴史的意義-「論争」から「運動」へのつながり ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育と思想
著作者等 塩見 美奈子
宮沢 民子
戸田 芳実
梅村 佳代
永原 和子
渡部 真弓
石崎 昇子
菅原 征子
菅野 則子
西川 祐子
西村 汎子
金子 幸子
香内 信子
志村 緑
総合女性史研究会
書名ヨミ キョウイク ト シソウ
シリーズ名 日本女性史論集 / 総合女性史研究会 編 8
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.5
ページ数 330p
大きさ 22cm
ISBN 464201358X
NCID BA35478276
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99003826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想