民本主義と帝国主義

松尾尊兌 [著]

吉野作造と東アジア・日本プロテスタントと朝鮮・関東大震災下の朝鮮人虐殺事件・「東洋経済新報」の帝国主義批判、の4部構成。他民族軽視という帝国主義の思想的汚染に抗した先人の足跡を発掘。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 吉野作造と東アジア(吉野作造の生涯
  • 吉野作造と中国
  • 吉野作造と朝鮮)
  • 第2部 日本プロテスタントと朝鮮(日本組合基督教会の朝鮮伝道
  • 三一運動と日本プロテスタント)
  • 第3部 関東大震災下の朝鮮人虐殺事件(関東大震災下の朝鮮人虐殺事件
  • 関東大震災下の朝鮮人暴動流言に関する二、三の問題)
  • 第4部 『東洋経済新報』の帝国主義批判(大正デモクラシーの一水脈-石橋湛山)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民本主義と帝国主義
著作者等 松尾 尊兌
松尾 尊〓
書名ヨミ ミンポン シュギ ト テイコク シュギ
出版元 みすず書房
刊行年月 1998.3
ページ数 520, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4622035022
NCID BA3546492X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99000544
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想