思考のための文章読本

長沼行太郎 著

書き手は、思考の生成の現場でいかなる表現上の戦略を組みたてるのか。日本語という万人の共有財と、文体という個々の筆者の私有財との中間の領域に狙いをさだめ、あまたの文例を駆使してその秘密を読み解こうとするたぐい稀な言語的冒険!名文の解析と鑑賞の世界から抜けでた異色の文章読本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 思考の形態学
  • 1 単語の思考-単語は巨大な思考単位である
  • 2 語源の思考-原初の宇宙観に立ち会う
  • 3 確実の思考-方法的懐疑と論理
  • 4 全部と一部の思考-反証・量化・代用
  • 5 問いの思考-思考に形をあたえる
  • 6 転倒の思考-視点の転換
  • 7 人間拡張の思考-メディアと技術の見方
  • 8 擬人法の思考-どこまでがヒトか
  • 9 特異点の思考-誇張法の系統樹
  • 10 入れ子の思考-思考の原始構成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思考のための文章読本
著作者等 長沼 行太郎
書名ヨミ シコウ ノ タメノ ブンショウ ドクホン
書名別名 Shiko no tameno bunsho dokuhon
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.4
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 4480057544
NCID BA35458858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99003663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想