非行臨床の実践

生島浩, 村松励 編

本書は、非行からの立ち直りの道筋と手だてに関して、臨床家の立場から理論化を図り、治療構造とアプローチの実際について詳述したものである。執筆には警察署、家庭裁判所、少年鑑別所、児童相談所、教護院、保護観察所、少年院、少年刑務所において、非行問題と現実に日夜格闘している中堅の実務家があたり、薬物乱用や境界例など現代的な非行の実例を呈示しつつ、実際の処遇・面接技法とその臨床的有用性や限界・問題点に触れた。非行臨床家のみならず、青年期の心理臨床に携わる者やスクールカウンセラーのために編まれた、非行臨床最前線からの報告である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 非行臨床の理論(非行臨床の課題
  • 非行臨床における心理的援助の方法
  • 非行臨床におけるわれわれの理解枠 ほか)
  • 第2部 非行の調査・診断・初期介入-非行の発見から処分まで(非行初期段階での治療的援助
  • 家庭裁判所における非行臨床-システム論の観点から
  • 精神分析的アプローチ-自己心理学の視点からの非行理解と援助 ほか)
  • 第3部 処遇機関のアプローチの実際(クライエント中心療法
  • 保護観察における短期処遇および認知行動療法の技法の活用
  • 児童相談所における家族療法の活用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非行臨床の実践
著作者等 村松 励
生島 浩
書名ヨミ ヒコウ リンショウ ノ ジッセン
出版元 金剛
刊行年月 1998.2
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 4772405720
NCID BA35434678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想