日本企業の技術移転 : アジア諸国への定着

法政大学産業情報センター, 岡本義行 編

本書は、東アジア諸国を中心にアメリカとヨーロッパに対する、日本企業の技術移転の事例を取り上げて、現状や問題点を論議しながら、解決策のヒントを見いだそうとしている。韓国、中国、マレーシア、アメリカとともに、タイ、フィリピン、インドネシア、台湾、イタリアなどの事例を取り上げる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本企業の技術移転をめぐって
  • 第2章 アメリカへの技術移転-本田技研のケース
  • 第3章 日本企業のマレーシア進出と経営の現地化
  • 第4章 中国テレビ産業の量産体制の確立と日本企業の技術移転
  • 第5章 韓国自動車部品企業の技術形成と日本企業の技術移転-部品企業の「複線型技術形成メカニズム」
  • 第6章 広範な産業移転から生れる技術移転-マレーシア電子産業におけるバイヤー・サプライヤー関係
  • 第7章 日系自動車企業のベトナム進出と技術移転
  • 第8章 東南アジアにおける日本企業の技術移転
  • 第9章 技術移転のモデルと政策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本企業の技術移転 : アジア諸国への定着
著作者等 岡本 義行
法政大学産業情報センター
書名ヨミ ニホン キギョウ ノ ギジュツ イテン : アジア ショコク エノ テイチャク
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1998.3
ページ数 300p
大きさ 22cm
ISBN 481880973X
NCID BA35433711
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99040105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想