現代思想としてのギリシア哲学

古東哲明 著

2500年の昔より、「神の死」「二元論の超克」等、極限の思考を重ね続けたギリシア哲学。哲学の祖タレス、逆説の巨人ヘラクレイトス、ポストモダンなソクラテスたちの眼に映じた「究極の真理」とは何か?「ギリシア1000年」の膨大な知を、現代思想の光の中でスパークさせる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 月から落ちてきた眼
  • 第1章 哲学誕生の瞬間-タレス
  • 第2章 逆説の宇宙-ヘラクレイトス
  • 第3章 存在の永遠-パルメニデス
  • 第4章 非知の技法-ソクラテス
  • 第5章 ギリシアの霊性-プラトン
  • 第6章 あたかも最期の日のように-M・アウレリウス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代思想としてのギリシア哲学
著作者等 古東 哲明
書名ヨミ ゲンダイ シソウ ト シテノ ギリシア テツガク
シリーズ名 講談社選書メチエ 127
出版元 講談社
刊行年月 1998.4
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 4062581272
NCID BA35406537
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98090346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想