忠誠と反逆

丸山眞男 著

開国の時期における、自我の原則と所属する集団・制度への忠誠との相剋を描き、忠誠と反逆という概念を思想史的に位置づけた表題作のほか、幕藩体制の解体期から明治国家の完成に至る時代を対象とした思想史論を集大成。『古事記伝』のなかに、近代にいたる歴史意識の展開を探る「歴史意識の『古層』」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 忠誠と反逆
  • 幕末における視座の変革-佐久間象山の場合
  • 開国
  • 近代日本思想史における国家理性の問題
  • 日本思想史における問答体の系譜-中江兆民『三酔人経綸問答』の位置づけ
  • 福沢・岡倉・内村-西欧化と知識人
  • 歴史意識の「古層」
  • 思想史の考え方について-類型・範囲・対象

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忠誠と反逆
著作者等 丸山 真男
書名ヨミ チュウセイ ト ハンギャク
書名別名 Chusei to hangyaku
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.2
ページ数 499p
大きさ 15cm
ISBN 4480083987
NCID BA35401715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99002755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想