肥満遺伝子 : 肥満のナゾが解けた!

蒲原聖可 著

肥満のかげに、遺伝子とレプチンあり!人が太るのは、環境よりも何よりも肥満遺伝子が重要だ。脂肪の蓄積と食欲は、肥満遺伝子とレプチンがコントロールしている。分子生物学が明らかにした、この大発見を物語り、肥満のナゾと減量・薬物療法について、研究現場から報告する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 肥満は遺伝である
  • 第2章 肥満遺伝子の発見
  • 第3章 中枢性食欲調節機構の働き
  • 第4章 肥満に関係する遺伝子
  • 第5章 肥満の臨床
  • 第6章 ダイエット法について考える
  • 第7章 肥満の治療法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 肥満遺伝子 : 肥満のナゾが解けた!
著作者等 蒲原 聖可
書名ヨミ ヒマン イデンシ : ヒマン ノ ナゾ ガ トケタ
書名別名 Himan idenshi
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1998.4
ページ数 266, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4062572125
NCID BA35384977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99000819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想