材料化学の最前線 : 分子一個、原子一個をどう操るか

東京都立大学工業化学科分子応用科学研究会 編

化学が地味だとはもう言わせない!活性酸素を除去する人工酵素、めっきで作るマイクロマシーン、反応の瞬間を見るレーザー、環境を浄化する酸化チタン触媒など、興味深い22テーマを厳選して紹介。分子一個、原子一個を操るところまできた材料化学は、我々の生活を大きく変える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 材料化学の最新テクニック
  • 2 分子・原子の積み木細工
  • 3 機能材料の創製
  • 4 身体をめぐる材料化学
  • 5 インターネットと化学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 材料化学の最前線 : 分子一個、原子一個をどう操るか
著作者等 東京都立大学
東京都立大学工業化学科分子応用科学研究会
書名ヨミ ザイリョウ カガク ノ サイゼンセン : ブンシ イッコ ゲンシ イッコ オ ドウ クルカ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1998.4
ページ数 242, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4062572117
NCID BA35384536
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99000821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想