裁判とフェアネス

谷口安平, 坂元和夫 編著

現在の日本の裁判は、それを受ける者がフェアだと感ずるものからは程遠い状態にあるようである。ここには、何故そうなるのか、どう改めればよいのかが、各方面から、実情を熟知する著者達によって興味深く語られている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 フェアネス論のアクチュアリティ
  • 第1部 裁判とフェアネス(民事裁判とフェアネス
  • 刑事訴訟とフェアネス ほか)
  • 第2部 現代民事裁判への提言(被害の正当な賠償と裁判の「合理化」
  • 「弁論兼和解」 ほか)
  • 第3部 現代司法への直言(少年法改正の「中間報告」について
  • 司法改革の展望 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裁判とフェアネス
著作者等 坂元 和夫
谷口 安平
書名ヨミ サイバン ト フェアネス
書名別名 Saiban to feanesu
出版元 法律文化社
刊行年月 1998.4
ページ数 261, 3p
大きさ 22cm
ISBN 4589020602
NCID BA35380116
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98090536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想