中国の人権と法 : 歴史、現在そして展望

土屋英雄 編著 ; 季衛東 ほか著

本書は中国の人権に関する共同の研究書である。この研究を進めるにあたって「歴史」と「比較」の視点を重視した。前者は、中国の人権を清末のアヘン戦争以降から今日までの歴史のなかで考えるという視点であり、現代の中国における人権のありようを深層から解明する。後者は、中国以外の諸国・地域および国際社会との比較の視点であり、中国的な独自性ないし問題の所在をより明確に浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説
  • 第1章 近現代の中国の人権論
  • 第2章 参政権の保障と諸問題
  • 第3章 人権と行政訴訟-民が官を訴える
  • 第4章 人身自由権と刑事法
  • 第5章 返還後の香港における人権と法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国の人権と法 : 歴史、現在そして展望
著作者等 土屋 英雄
季 衛東
林 来梵
王 晨
王 雲海
書名ヨミ チュウゴク ノ ジンケン ト ホウ : レキシ ゲンザイ ソシテ テンボウ
シリーズ名 世界人権問題叢書 21
出版元 明石書店
刊行年月 1998.4
ページ数 403p
大きさ 20cm
ISBN 4750310336
NCID BA35338492
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99008691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想