アジアの歩きかた

鶴見良行 著

「田舎を歩きまわらないと、アジアのことはわからない、と私は考えるようになっています。それにジャカルタやマニラで知識人と話しあっているより楽しいし…」。物産、交易、日々の暮らし。少数民族、漁民、農民が形づくるアジアの「今」。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アジアの歩きかた(アジアの歩きかた
  • 歩く学問
  • ムランタウの一期一会 ほか)
  • 2 バナナの授業(バナナと子どもたち
  • 授業・バナナと日本人-小学校の子どもたちとの二時間)
  • 3 田舎の主体性(田舎の主体性
  • フィリピンの行方を考える
  • アジアで日本は何をしているか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アジアの歩きかた
著作者等 鶴見 良行
書名ヨミ アジア ノ アルキカタ
書名別名 Ajia no arukikata
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.3
ページ数 277p
大きさ 15cm
ISBN 4480033890
NCID BA35316503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98087945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想