知の鎖国 : 外国人を排除する日本の知識人産業

アイヴァン・ホール 著 ; 鈴木主税 訳

真っ先に「市場開放」すべきは日本の知識人業界だ!法曹界、ジャーナリズム、アカデミズム、論壇-様々な分野にはびこる「排外」の構造と心理を仮借なく暴く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 「ふつうの国」-ただし外国の知識人は受けつけない
  • 第1章 法律家の上陸-弁護士がとりつく狭い橋頭堡
  • 第2章 隔離される報道陣-外国人特派員
  • 第3章 学問の府のアパルトヘイト-外面だけの大学教授
  • 第4章 通り過ぎていく人たち-科学者と留学生
  • 第5章 操作された対話-批評価にたいする脅し
  • 結論 目を覚まして、日の光を浴びよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知の鎖国 : 外国人を排除する日本の知識人産業
著作者等 Hall, Ivan P
Hall, Ivan Parker
鈴木 主税
Hall Ivan
ホール アイヴァン
書名ヨミ チ ノ サコク : ガイコクジン オ ハイジョスル ニホン ノ チシキジン サンギョウ
書名別名 Cartels of the mind

Chi no sakoku
出版元 毎日新聞社
刊行年月 1998.3
ページ数 293p
大きさ 20cm
ISBN 4620312150
NCID BA35305063
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98085662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想