日本の心理療法 : その特質と実際

三木善彦, 黒木賢一 共編

日本生まれの心理療法や、東洋の知恵を生かした心理療法は、西洋の心理療法に大きなインパクトを与えるであろう。その道の第一人者が、その特質と実際を詳説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序文 日本の心理療法の展開
  • 1 森田療法
  • 2 生きがい療法-ガン・難病に対する心身医学的治療
  • 3 内観療法
  • 4 建設的な生き方(CL)-東洋と西洋の心理学の結合
  • 5 箱庭療法
  • 6 臨床動作法
  • 7 壺イメージ法
  • 8 俳句・連句療法
  • 9 「気」の心理療法
  • 10 いのちセラピー試論-東洋の目から見たユングの心理療法
  • 11 日本語臨床からのアプローチ
  • 対談 日本の心理臨床をめぐって(三木善彦
  • 黒木賢一)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の心理療法 : その特質と実際
著作者等 三木 善彦
黒木 賢一
書名ヨミ ニホン ノ シンリ リョウホウ : ソノ トクシツ ト ジッサイ
書名別名 Nihon no shinri ryoho
出版元 朱鷺書房
刊行年月 1998.3
ページ数 297p
大きさ 19cm
ISBN 4886025145
NCID BA35297089
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98080451
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想