文化と女性

梅村恵子, 片倉比佐子 編

文化創造の担い手として女性が果たした役割についての研究を振り返るとき、時代によってはいまだ未開拓の分野が多い。本巻では、歌人・作家・芸能者として文化を担った女性たちに加え、生活の場での文化、自我の確立、女性像の描かれ方など、女性と文化の関わりをとらえた論文を収録した。時代の特性のなかで展開した多様な女性文化を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 女性文化の創造
  • 2 生活と文化
  • 3 描かれた女性像
  • 4 自我の確立をめざして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化と女性
著作者等 三宅 晶子
保立 道久
入江 宏
前田 淑
徳永 幾久
板垣 邦子
柴 桂子
梅村 恵子
江刺 昭子
浅野 則子
片倉 比佐子
皆川 美恵子
石母田 正
脇田 晴子
阿部 泰郎
黒田 日出男
平間 充子
藤木 香代子
総合女性史研究会
書名ヨミ ブンカ ト ジョセイ
書名別名 Bunka to josei
シリーズ名 日本女性史論集 / 総合女性史研究会 編 7
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.4
ページ数 339p
大きさ 22cm
ISBN 4642013571
NCID BA35248312
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99001363
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想