恋愛小説のレトリック : 『ボヴァリー夫人』を読む

工藤庸子 著

「小説とは何か」という問いを導きの糸として、『ボヴァリー夫人』を読む。各章は「小説というもの」をめぐる素朴な疑問から出発して物語を読みすすみ、最後に文学作品の生産と消費の形態を歴史的な視点から概観するという方向で、全体が構成されている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 タイトルと固有名
  • 2 序文のない小説
  • 3 僕らは自習室にいた
  • 4 視点と描写
  • 5 男が女に出会うとき
  • 6 季節はめぐる
  • 7 恋愛と小説
  • 8 農業共進会
  • 9 エロス的身体について
  • 10 自由間接話法と紋切り型
  • 11 小説を読む

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恋愛小説のレトリック : 『ボヴァリー夫人』を読む
著作者等 工藤 庸子
書名ヨミ レンアイ ショウセツ ノ レトリック : ボヴァリー フジン オ ヨム
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1998.3
ページ数 210p
大きさ 21cm
ISBN 4130830260
NCID BA3523395X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98087796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想