階層・教育と社会意識の形成 : 社会意識論の磁界

吉川徹 著

権威主義的性格(=自己‐指令的志向性)は、意識論と「構造」論・「古典」理論と計量研究・社会意識の伝統性と階層性…という、複数の視座が交錯する位置にある概念である。本書ではこの基軸を扱いながら、現代日本の社会意識論に対して、「階層意識は本当に社会階層によって形成されるのか?」、「出身階層や両親は社会的態度形成に関与するのか?」という問いを投げかけていく。この二つの問いの共通解は、他ならぬ学校教育が握っているのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会意識論再考
  • 第1章 社会階層と階層意識
  • 第2章 階層意識の研究と自己‐指令性
  • 第3章 「見かけ上」の階層意識
  • 第4章 権威主義的態度と環境保護意識、ヘルス・コンシャス
  • 第5章 職業階層は社会意識の差異化要因か?
  • 第6章 青少年の社会的態度の形成過程の分析枠組
  • 第7章 社会的態度の世代間関係
  • 第8章 社会的態度の形成要因
  • 第9章 社会的態度の形成過程
  • 第10章 言語資本による文化的再生産
  • 第11章 学校教育と戦後日本の社会意識の民主化
  • 終章 現代日本の社会意識論の磁界
  • 補遺 「青少年の生活と意識に関する調査」の概要

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 階層・教育と社会意識の形成 : 社会意識論の磁界
著作者等 吉川 徹
書名ヨミ カイソウ キョウイク ト シャカイ イシキ ノ ケイセイ : シャカイ イシキロン ノ ジカイ
シリーズ名 Minerva社会学叢書 3
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1998.3
ページ数 275, 16p
大きさ 22cm
ISBN 4623028526
NCID BA35210149
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98085071
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想