ラテン語とギリシア語

風間喜代三 著

ラテン語とギリシア語は、なぜあらゆる文法の範(モデル)になっているのか。2つの言葉の骨格をくっきりと浮かびあがらせて、言葉のしくみのおもしろさを縦横に説いた、漸新でぜいたくな入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ギリシア、ローマの文学と言語の伝統
  • 第2章 ギリシア語とラテン語の系統
  • 第3章 文字
  • 第4章 発音
  • 第5章 アクセント
  • 第6章 形態
  • 第7章 統語
  • 第8章 韻律
  • 第9章 固有名詞

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラテン語とギリシア語
著作者等 風間 喜代三
書名ヨミ ラテンゴ ト ギリシアゴ
書名別名 A primary guide to Latin & Greek

Ratengo to girishiago
出版元 三省堂
刊行年月 1998.3
ページ数 214p
大きさ 20cm
ISBN 4385358338
NCID BA35190030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98084921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想