たった一人の山

浦松佐美太郎 著

山を見つめ、自分の心を見つめながら、雪と岩との非情の世界に命をかけた青春の日々-。昭和初期のアルプスの山々を舞台に描く、山岳文学不朽の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • たった一人の山
  • 頂上へ
  • マッターホルンの麓
  • ドロミテの山旅
  • 登山三昧
  • 岩登りの味
  • 山と氷斧
  • 山靴
  • 情熱
  • 雪〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 たった一人の山
著作者等 浦松 佐美太郎
書名ヨミ タッタ ヒトリ ノ ヤマ
書名別名 Tatta hitori no yama
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 1998.3
ページ数 268p
大きさ 16cm
ISBN 4582762409
NCID BA35189257
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98091019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想