公共圏とコミュニケーション : 批判的研究の新たな地平

阿部潔 著

本書は、代表的な批判的研究、フランクフルト学派と英国カルチュラル・スタディーズを取り上げ、その系譜と現状を概観、歴史的検討を行い、同時に近年の研究動向に現われている「公共圏」をキーワードに現在の研究状況を眺めることで今後の展望への糸口をつかむ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 批判的研究の挑戦
  • 第1章 メディア/コミュニケーション研究の「揺藍」
  • 第2章 フランクフルト学派による批判的研究
  • 第3章 カルチュラル・スタディーズによる批判的研究
  • 第4章 批判的メディア/コミュニケーション研究のアポリア
  • 第5章 公共圏議論の展開-社会的・政治的背景と議論動向
  • 第6章 批判的メディア/コミュニケーション研究の課題-公共圏概念の可能性
  • 終章 市民社会のコミュニケーションを目指して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公共圏とコミュニケーション : 批判的研究の新たな地平
著作者等 阿部 潔
書名ヨミ コウキョウケン ト コミュニケーション : ヒハンテキ ケンキュウ ノ アラタナ チヘイ
シリーズ名 Minerva社会学叢書 5
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1998.4
ページ数 309, 38p
大きさ 22cm
ISBN 4623028615
NCID BA35173916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98089780
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想