驚異の脳内薬品 : 鬱に勝つ「超」特効薬

ピーター・D.クレイマー 著 ; 堀たほ子 訳 ; 渋谷直樹 監修

欧米で2,000万人が服用するプロザック。毎日1カプセルで性格が変わる!?本書は、「プロザック」のような薬の使用について、倫理的な面や社会的な面から問題提起を行なった話題の書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 別人のようになったテス
  • 2章 強迫性障害
  • 3章 プロザックはいかにして開発されたか
  • 4章 傷つきやすい人々
  • 5章 ストレスに対する反応
  • 6章 リスクとストレス
  • 7章 カプセルのなかのメッセージ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 驚異の脳内薬品 : 鬱に勝つ「超」特効薬
著作者等 Kramer, Peter D
堀 たほ子
渋谷 直樹
クレイマー ピーター・D.
書名ヨミ キョウイ ノ ノウナイ ヤクヒン : ウツ ニ カツ チョウ トッコウヤク
書名別名 Listening to Prozac

Kyoi no nonai yakuhin
出版元 同朋舎
刊行年月 1997.6
ページ数 333p
大きさ 20cm
ISBN 481042426X
NCID BA35173304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98025396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想