ワインの文化史

ジャン=フランソワ・ゴーティエ 著 ; 八木尚子 訳

ワインの流れる歴史は、かくも芳醇だ!古来より神話や神秘の世界、聖人、祝祭などと結びつけられ、国民的な飲み物、さらには社会的「差異化」の手段とされてきた葡萄酒。本書は、いつの時代も変わることなく、文化を伝えるものとして享受・飲用されてきたワインの熟成の背景を楽しく語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに ワイン以前の「酒」
  • 第1章 ワインとその文化
  • 第2章 ワインと宗教
  • 第3章 ワインと守護聖人
  • 第4章 ワインと祝祭
  • 第5章 ワインとその消費
  • 第6章 ワインとヨーロッパ
  • 結び ワイン以後の「酒」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワインの文化史
著作者等 Gautier, Jean-François
八木 尚子
Gautier Jean‐Frane〓cois
ゴーティエ ジャン=フランソワ
書名ヨミ ワイン ノ ブンカシ
書名別名 Histoire du vin
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1998.4
ページ数 161, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4560058016
NCID BA35170816
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98090264
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想