音楽の認知心理学

リタ・アイエロ 編 ; 大串健吾 監訳

本書は、「人は音楽をどのように知覚し、認知するのか」という重要で興味深いテーマについて、最新の研究を紹介した入門書である。音楽における情動の意味、音楽と言語の類似点と相違点、音楽への発達的アプローチ、表現と演奏の上達、旋律と調性の知覚、調性と期待、リズムとタイミングの認知など、さまざまな側面から音楽学者や心理学者が詳細な議論を展開している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 哲学的視点(音楽における情動と意味
  • 音楽と言語-類似点と相違点
  • 知覚-音楽理論からの展望)
  • 第2部 発達的視点(子どもとおとなの歌唱-音楽への発達的アプローチ
  • 新しい聴き方をするようになること
  • 音楽演奏-表現と演奏の上達)
  • 第3部 旋律、調性、リズムおよびタイミングの認知(旋律の輪郭と旋律の記憶
  • 音楽における調性の心的表現
  • 調性と期待 ほか)
  • 第4部 音楽作品の知覚(音楽聴取の実験的研究の可能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽の認知心理学
著作者等 Aiello, Rita
Sloboda, John A
大串 健吾
アイエロ リタ
書名ヨミ オンガク ノ ニンチ シンリガク
書名別名 Musical perceptions
出版元 誠信書房
刊行年月 1998.3
ページ数 371p
大きさ 22cm
ISBN 4414302838
NCID BA35162192
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98078292
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想