盲人の生活

大隈三好 著 ; 生瀬克己 補訂

本書では、記録に表われてくるようになって旧来の「盲人」の暮らしや営みを歴史的にふりかえろうとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代社会と「盲人」(『記紀』の「盲人」
  • 仏教の伝来と「盲人」
  • 平安時代の社会と「盲人」)
  • 第2章 中世の「盲人」(鎌倉時代
  • 室町時代)
  • 第3章 近世社会の「盲人」(幕藩社会の成立と「盲人」
  • 江戸期における「盲人」への刑罰
  • 当道座中と「盲僧」集団の対立・抗争
  • 瞽女)
  • 補章 近現代の「視覚障害者」をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 盲人の生活
著作者等 大隈 三好
生瀬 克己
書名ヨミ モウジン ノ セイカツ
シリーズ名 生活史叢書 34
出版元 雄山閣
刊行年月 1998.3
ページ数 245p
大きさ 22cm
ISBN 4639015143
NCID BA3516194X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98084551
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想