野鍛冶

朝岡康二 著

鉄製農具の製作・修理・再生を担ってきた野鍛冶(農鍛冶)の歴史的役割をその技術と社会的背景に探るとともに、近代化の大波の中で変貌する職人技術の新たな展開を、中国、インドネシアなどアジア各地のフィールドワークを通して描く。職人技術の変貌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 なぜ鍛冶屋か
  • 第1章 野鍛冶の技術と製品
  • 第2章 古鉄と鉄製農具
  • 第3章 鎌・鉈鎌とその修理・再生
  • 第4章 中国の鍬先・鎌と野鍛冶

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野鍛冶
著作者等 朝岡 康二
書名ヨミ ノカジ
書名別名 Nokaji
シリーズ名 ものと人間の文化史 85
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.4
ページ数 273p
大きさ 20cm
ISBN 4588208519
NCID BA35136410
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99013533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想