エルサレム : 記憶の戦場

アモス・エロン 著 ; 村田靖子 訳

「語りの歴史家」がみせる聖と俗。聖なる都、諍いの都、憑かれた者の都、巡礼の都、そして現在のない都・エルサレムを詩情ゆたかに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死海からエリコ街道をのぼる
  • 第2章 聖なる都
  • 第3章 諍いの都
  • 第4章 憑かれた者の都
  • 第5章 巡礼の都
  • 第6章 城壁めぐり
  • 第7章 エルサレムはいま
  • 第8章 現在のない都

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エルサレム : 記憶の戦場
著作者等 Elon, Amos
村田 靖子
エロン アモス
書名ヨミ エルサレム : キオク ノ センジョウ
書名別名 Jerusalem

Erusaremu
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.3
ページ数 354, 51p
大きさ 20cm
ISBN 4588021923
NCID BA35135779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011808
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想