日本の高校生

千石保 著

受験戦争に駆り立てられる子、パソコンを自由に操る子、アルバイトに明け暮れる子、ボランティアに活路を見出す子…。その一方で、援助交際やブルセラ、オヤジ狩りといった世界の中でも日本だけの特殊な若者現象が起こっている。「悪」が透明化し、「目標」や「理念」を喪失した社会で、高校生たちは何を考え、どこへ行こうとしているのか。日米で行った高校生の意識調査をさまざまな角度から比較分析。その実像に迫るとともに、心の教育が欠落した現状に警鐘を鳴らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 新しい理念を求めて:1 高校教育の現在
  • 2 高校生の人間関係
  • 3 家庭での教育
  • 4 規範意識と生活価値観
  • 5 金銭観と労働観
  • 6 問題行動
  • 7 ボランティア活動
  • 終章 「心の教育」と理念

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の高校生
著作者等 千石 保
書名ヨミ ニホン ノ コウコウセイ : コクサイ ヒカク デ ミル
書名別名 国際比較でみる
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1998.3
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4140018240
NCID BA35130527
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99048015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想