機械設計入門

大西清 著

本書は機械設計の基礎としての機械要素設計をやさしく説明した入門書です。主要な機械要素にはどのような種類があるのか、それを設計する手順はどうするか、充分な強度と経済性の両立などの点について記述しました。また、各章ごとに演習問題を設け、これに詳細な解答を付け、本文において学んだことの理解を深めるようにしました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 機械設計の基礎
  • 2章 ねじの設計
  • 3章 キー・ピン・止め輪の設計
  • 4章 軸、軸継手およびクラッチの設計
  • 5章 軸受の設計
  • 6章 歯車の設計
  • 7章 巻掛け伝動装置
  • 8章 ブレーキの設計
  • 9章 ばねの設計
  • 10章 配管および油圧の設計
  • 11章 溶接およびリベット継手の設計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 機械設計入門
著作者等 大西 清
書名ヨミ キカイ セッケイ ニュウモン
書名別名 Kikai sekkei nyumon
シリーズ名 機械工学入門シリーズ
出版元 理工学社
刊行年月 1998.3
版表示 第3版
ページ数 225p
大きさ 21cm
ISBN 4844527061
NCID BA35110891
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99038578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想