世界美術大全集  東洋編 第9巻

中野 徹;西上 実【編】

17〜19世紀、世界の文化の頂点を極めた清帝国。康煕、雍正、乾隆帝主導の宮廷美術、陶磁器、玉器、七宝、ガラスなどの極微の世界、石涛、揚州八怪などの画家達、頤和園、円明園、避暑山荘などの庭園美、国際都市北京を代表する紫禁城の宮廷文化。北京、台北両故宮の全面協力をえて清朝美術の全貌を鮮明カラーで紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総説 清時代の美術-極限の世界、倦怠と憂鬱
  • 第1章 建築と離宮苑〓
  • 第2章 絵画
  • 第3章 書
  • 第4章 工芸
  • テーマ特集(清代美術の世界性
  • 養心殿造辧処とその作品)
  • 作品解説
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界美術大全集
著作者等 中野 徹
西上 実
書名ヨミ セカイ ビジュツ ダイゼンシュウ
書名別名

New history of world art
巻冊次 東洋編 第9巻
出版元 小学館
刊行年月 1998.4
ページ数 454p
大きさ 38cm
ISBN 4096010596
NCID BA35102816
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98087923
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
中野 徹, 西上 実
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想