親鸞

平松令三 著

自己の思想信条には雄弁だった親鸞。だが、彼ほど私生活を語らなかった人もいない。曽孫覚如の「親鸞伝絵」を検証し、法然との出会い、越後流罪・関東教化の足跡と入滅にいたる苦悩の生涯を通して、素顔の親鸞に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 素顔の親鸞を求めて
  • 出家と比叡山
  • 六角堂夢想と法然との出会い
  • 法然門下の時代
  • 越後から関東へ越えて二十年
  • 帰洛の理由と京の生活
  • 苦悩の晩年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親鸞
著作者等 平松 令三
書名ヨミ シンラン
書名別名 Shinran
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 37
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1998.4
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4642054375
NCID BA35090670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98087403
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想