アンモナイトは"神の石" : 巨大な化石を求めてヒマラヤを行く

三輪一雄 著

採集旅行を計画する、現地で探す、掘り出す、削り出す、そして種を同定するという化石採集の楽しみは、やってみなければわからない、一度やったらやめられない。古生代の生物に魅せられて、ヒマラヤにまで行ってしまった一人の男の、切なくも熱い毎日。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 太古の生物の声が聞こえる
  • 第2部 アンモナイトとその時代
  • 第3部 広がる化石友だちの輪
  • 第4部 輝けるアマチュア列伝
  • 第5部 僕らがヒマラヤに行ったわけ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンモナイトは"神の石" : 巨大な化石を求めてヒマラヤを行く
著作者等 三輪 一雄
書名ヨミ アンモナイト ワ カミ ノ イシ : キョダイナ カセキ オ モトメテ ヒマラヤ オ ユク
書名別名 Anmonaito wa kami no ishi
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1998.3
ページ数 217, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4062572079
NCID BA35069743
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98083323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想