脳機能の解明 : 21世紀に向けて

赤池紀扶 ほか編

本書では、遺伝子工学的手法を応用した脳研究の新しい方法、神経系の発達ならびに可塑性、情報伝達の基礎過程、中枢神経作働薬の薬理、回路網の機能的役割、画像による非侵襲的脳機能検査法、脳虚血細胞死の基礎と臨床、アポトーシスとアルツハイマー病、てんかんの発生機序とその治療など、神経科学研究の最近のトピックスが網羅されている。さらに、それらのトピックスは、要旨、研究の現状、現在の問題点、将来への展望と手際よくまとめられ、初心者にも分かりやすく解説してある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳研究の新手法
  • 第2章 シグナル伝達機構とその調節
  • 第3章 シナプス伝達と可塑性
  • 第4章 中枢性自律神経調節機構
  • 第5章 中枢・末梢神経作用薬の薬理と臨床
  • 第6章 脳と免疫
  • 第7章 こころと脳
  • 第8章 神経系の発達とその異常
  • 第9章 画像による脳機能検査
  • 第10章 ニューロン・グリアの細胞死-その基礎と治療
  • 第11章 アポトーシスとアルツハイマー病
  • 第12章 てんかんの発生機序と治療

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳機能の解明 : 21世紀に向けて
著作者等 赤池 紀扶
小暮 久也
藤原 道弘
東 英穂
書名ヨミ ノウ キノウ ノ カイメイ : 21セイキ ニ ムケテ
書名別名 No kino no kaimei
出版元 九州大学出版会
刊行年月 1998.2
ページ数 615p
大きさ 26cm
ISBN 4873785421
NCID BA35047467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98090129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想