性幻想を語る

近藤和子 編著

「女は業が深い」のか?近代日本はいかに女のからだを管理してきたか?「慰安婦」問題に対する男と女のギャップとは?なぜ女はポルノに反対するのか?セクシュアリティを問いなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 近代日本のセクシュアリティ(近代に向かう日本近世のセクシュアリティ
  • 女のからだへの国家管理と優生思想-堕胎罪・優生保護法への対抗論理を求めて
  • 近代日本の「レズビアニズム」-1910年代の小説に描かれたレズビアンたち ほか)
  • 2 現代における性と暴力の問題(新左翼組織と女性差別
  • 性の商品化
  • ポルノグラフィー-広告の中の女性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性幻想を語る
著作者等 近藤 和子
書名ヨミ セイ ゲンソウ オ カタル
シリーズ名 近代を読みかえる 第2巻
出版元 三一書房
刊行年月 1998.3
ページ数 371p
大きさ 22cm
ISBN 4380985660
NCID BA35033316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98084796
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想