群像日本の作家  29

村上 龍;松浦 理英子;島田 雅彦;小森 陽一;大岡 信【ほか著】

デッドロックにのりあげた世紀末日本の暗部を衝く村上龍のすべて。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 作家の肖像 村上龍
  • 非=男性作家としての村上龍(松浦理英子)
  • 日本文学のスメルジャコフ-村上龍(島田雅彦)
  • 基地・戦争・欲望のヴィジョン(小森陽一)
  • 文学に現れた麻薬的感覚をめぐって(大岡信)
  • 「都市」の中の作家たち-村上春樹と村上龍をめぐって(川本三郎)
  • 村上龍または自閉と破壊(三浦雅士)
  • 暴力と粘膜の共同体(陣野俊史)
  • 想像力のベース(柄谷行人)
  • 映画とモダニズム(村上龍
  • 浅田彰)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 群像日本の作家
著作者等 村上 竜
松浦 理英子
大岡 信
小森 陽一
島田 雅彦
書名ヨミ グンゾウ ニホン ノ サッカ
書名別名 村上龍

Gunzo nihon no sakka
巻冊次 29
出版元 小学館
刊行年月 1998.4
ページ数 303p
大きさ 20cm
ISBN 4095670290
NCID BA35008895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98087762
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
村上龍 村上龍
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想