株主総会

奥村宏 著

1997年、四大証券会社や大手都市銀行など、日本の有名大企業による総会屋への利益供与が次々に発覚した。最高の意思決定機関とされる株主総会。その形骸化に巣くう総会屋の問題から株式会社の病いの原因を突き止め、株式相互持合いの下でも喧伝される「株主主権説」の幻想を批判して、企業改革のヴィジョンを提起する問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 株主総会がなぜ問題になるのか(現実離れした虚構(フィクション)
  • 最高の意思決定機関
  • コーポレート・ガバナンス)
  • 第2章 株主総会はなぜ形骸化したのか(株式分散-アメリカの場合
  • 法人への株式集中-日本の場合
  • 経営者と株主総会)
  • 第3章 株主とは誰のことか(株主は会社の主権者か
  • 株主の権利
  • 発言する機関投資家
  • 法人株主の議決権
  • 個人株主の権利)
  • 第4章 株主総会は活性化するか(総会屋
  • 株主総会をどう変えるか
  • 情報公開(ディスクロージャー)
  • 会社を変える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 株主総会
著作者等 奥村 宏
書名ヨミ カブヌシ ソウカイ
書名別名 Kabunushi sokai
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1998.3
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 4004305497
NCID BA34999193
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98087969
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想