歴史学の方法

マックス・ヴェーバー 著 ; 祇園寺信彦, 祇園寺則夫 訳

ヴェーバーは十九世紀的科学観を克服すべく社会科学の論理的、認識論的諸問題に取り組み、多くの論文を発表した。理念型の導入を提起した有名な「客観性」論文(『社会科学の方法』)もその一つであり、続いて発表された本編はこれを検証、補完し、同論文と対をなす。古代史の碩学E・マイヤーの著作に厳密な批判的分析をくわえ、歴史的な研究の論理的意味を問うヴェーバーの『歴史的の方法』最新訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エードゥアルト・マイヤー説の批判的分析(問題の所在
  • 自由意志と偶然
  • 歴史学の対象)
  • 第2章 歴史的な因果考察における客観的可能性と相当因果関係(「客観的可能性」の理論
  • 相当因果関係)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史学の方法
著作者等 Weber, Max
祇園寺 信彦
祇園寺 則夫
ヴェーバー マックス
書名ヨミ レキシガク ノ ホウホウ
書名別名 Rekishigaku no hoho
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1998.3
ページ数 205p
大きさ 15cm
ISBN 406159320X
NCID BA34968644
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98082921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想