エヴァンゲリオンの遺伝子99.89%

EVA人類進化研究所 著

「横綱級アニメ」「第三の波」「心理に踏み込む展開」「800万人の?(謎)解き」「グッズの売れ行き爆発的」…。マスコミが伝えた『新世紀エヴァンゲリオン』の現象に対することばは、どれも最大級のものだ。アニメとしての完成度はいうまでもなく、ストーリーの展開、登場人物の設定、そして、謎という小道具の豊富さ、その謎を解くという見る側からのアクションという条件も、「超」級のものだったということが、こうした評価の大きな根拠だろう。そして、大新聞、雑誌をはじめとした、さまざまなメディアが取り上げたことで、エヴァンゲリオンの物語に自ら踏み込む人も、飛躍的に増加し、97年3月の劇場版公開ともあいまって、まさにアニメという状況を突き抜けた社会現象、というより、新たな"エヴァンゲリオン"というカルチャーとして成立した、と考えることができる。本書では、こうしたエヴァの物語のディテールにより深くシンクロするために、ストーリー設定の秘密、「本来の脚本」の存在、登場人物の魅力と謎、使徒の秘密、エンディングテーマが意味するものなどの核心部分に鋭く迫り、これまでにない切り口で解析を試みた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 デビルマンがエヴァンゲリオンに与えしもの
  • 2 綾波レイにみる「アイドル補完計画」
  • 3 アスカとレイ、心に描く名シーン
  • 4 エヴァ、人間模様のタペストリー
  • 5 「使徒=天使」の正体徹底研究
  • 6 月に連れてって…。エンディング・テーマが意味するもの
  • 7 「幻のシナリオ」から大胆予想。真相はこれだ!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エヴァンゲリオンの遺伝子99.89%
著作者等 EVA人類進化研究所
書名ヨミ エヴァンゲリオン ノ イデンシ 99.89%
書名別名 Evangerion no idenshi 99.89%
出版元 五月書房
刊行年月 1997.7
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 4772702024
NCID BA34958072
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98077101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想