中世音楽の精神史 : グレゴリオ聖歌からルネサンス音楽へ

金澤正剛 著

宇宙の根源的な響きを表現し、クラシック音楽の礎となった中世音楽。その一大中心地・パリをめぐる知識人たちの交流が、新たな技法と楽譜を生み出した。数の学問としての「音楽」とは?単声聖歌からポリフォニーへ、世俗歌曲との出会い…。豊富な譜例と資料をもとに、中世音楽の精神世界に迫る。詳細なCDリスト付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ グレゴリオ聖歌と中世の教会音楽
  • 第1章 中世の音楽教育
  • 第2章 ボエティウスの音楽論と中世知識人たち
  • 第3章 オルガヌムの歴史
  • 第4章 ノートルダム楽派のポリフォニー
  • 第5章 アルス・アンティカの歴史的位置
  • 第6章 アルス・ノヴァとトレチェント
  • エピローグ ルネサンス音楽への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世音楽の精神史 : グレゴリオ聖歌からルネサンス音楽へ
著作者等 金沢 正剛
書名ヨミ チュウセイ オンガク ノ セイシンシ : グレゴリオ セイカ カラ ルネサンス オンガク エ
シリーズ名 講談社選書メチエ 126
出版元 講談社
刊行年月 1998.3
ページ数 270p
大きさ 19cm
ISBN 4062581264
NCID BA34947961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98082943
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想