新世紀の迷路 : 疾走するエヴァンゲリオン

鶴岡法斎 編・著

エヴァンゲリオン現象をアニメ、特撮、SF、漫画、オタク、風俗、文化、社会からとらえたファン必須のエヴァ最終総括本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 現象-『エヴァ』をめぐる大騒動
  • 衝動-碇シンジという"痛み"
  • 血族-単身者のファミリー・ロマンス
  • 表現-過去を背負った前衛性
  • 幻想-変わり続ける世界のリアリティ
  • 意識-一四歳のイニシエーション
  • 文化-メディアの中の『エヴァ』
  • サブ・ラバーズ
  • エヴァンゲリオン頂上作戦
  • 『THE END OF EVANGELION』初日ルポ
  • 状況-答えの見えない物語
  • 偏愛-『エヴァ』のポルノグラフィー
  • 迷路-『エヴァ』が照らし出す"現在"

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新世紀の迷路 : 疾走するエヴァンゲリオン
著作者等 鶴岡 法斎
鶴岡 法斉
書名ヨミ シンセイキ ノ メイロ : シッソウスル エヴァンゲリオン
出版元 アスペクト
刊行年月 1997.11
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 4893668676
NCID BA34940372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99011305
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想