母性という神話

エリザベート・バダンテール 著 ; 鈴木晶 訳

いわゆる「母性愛」は本能などではなく、母親と子どもの日常的なふれあいの中で育まれる愛情である。それを「本能」とするのは、父権社会のイデオロギーであり、近代が作り出した幻想である…。母性本能の神話性を18世紀以来の育児事情の変遷により論証し、母と子の関係や女性の在り方について再考をうながした問題提起の書。1980年、フランスで出版されるや多くの反響や批判とともに大論議をよんだフェミニズム歴史学の金字塔。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 愛の不在(父権・夫権の長い支配
  • 1760年以前の子どもの地位
  • 母親の無関心)
  • 第2部 新しい価値-母性愛(子どもの弁護
  • 新しい母親)
  • 第3部 強いられた愛(ルソーから受け継いだ道徳論あるいは「ソフィー、その娘たち、孫娘たち」
  • フロイトから受け継いだ医学論
  • 神話と現実とのずれ)
  • 楽園は失われたのか、見出されたのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 母性という神話
著作者等 Badinter, Elisabeth
鈴木 晶
バダンテール エリザベート
書名ヨミ ボセイ ト ユウ シンワ
書名別名 L'amour en plus
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1998.2
ページ数 518p
大きさ 15cm
ISBN 448008410X
NCID BA34935612
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98083315
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想