死ぬのがこわくなくなる薬

井上ひさし 著

浅草フランス座での失敗談、駆け出し作家時代のほろ苦い思い出、男勝りな亡き母の名セリフ-ワープロ談義や「最上かつ最良の」文章上達法をまじえて自由自在に語る、井上版「わが半生」の記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 母君の遺し給ひし言葉
  • 受難らしきもの
  • 母君の遺し給ひし言葉
  • 遅まきながら楽典を
  • 少年詩人の勘定書
  • 外国語
  • ある少女の二年間
  • 別冊で思い出すこととなると
  • コトバの溶鉱炉〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死ぬのがこわくなくなる薬
著作者等 井上 ひさし
書名ヨミ シヌ ノガ コワクナクナル クスリ
書名別名 Shinu noga kowakunakunaru kusuri
シリーズ名 エッセイ集 8
中公文庫 8
出版元 中央公論社
刊行年月 1998.2
ページ数 210p
大きさ 16cm
ISBN 4122030625
NCID BA34900221
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98083366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想