ルネサンスのイタリア

E.R.ラバンド [著] ; 大高順雄 訳

人物の交響楽。君主と傭兵隊長、宗教家と民衆、職人と航海者、そしてダンテをはじめとする綺羅星のごとき芸術家たち。あらゆる人物と事件によって、ルネサンスを生んだ13‐15世紀イタリア社会を描き上げる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 専制政治の発祥(十二世紀末におけるイタリアの社会
  • インノケンティウス三世とイタリア
  • フリードリヒ二世
  • 十三世紀の芸術と生活 ほか)
  • 第2部 傭兵隊長と君主の時代(ジョットとペトラルカ
  • ミラーノの大蛇
  • ジャンガレアッツォ・ヴィスコンティと統一の蜃気楼
  • 大乱戦 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルネサンスのイタリア
著作者等 Labande, Edmond René
大高 順雄
Labande Edmond‐Ren'e
ラバンド E‐R
書名ヨミ ルネサンス ノ イタリア
書名別名 L'Italie de la renaissance

Runesansu no itaria
出版元 みすず書房
刊行年月 1998.2
ページ数 461, 85p
大きさ 22cm
ISBN 4622035014
NCID BA34895653
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98084574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想