ヨーロッパのサロン : 消滅した女性文化の頂点

ヴェレーナ・フォン・デア・ハイデン=リンシュ 著 ; 石丸昭二 訳

文学的サロンはヨーロッパ文化史のもっとも魅力的な現象の一つである。イタリアルネサンスに前形式が生まれ20世紀に消滅するまで、それは女性文化と洗練された作法の自由な活動空間、母権制の魅惑的な面をなしていた。才気あふれる思考の飛翔、知性の輝き、ほのかに漂うエロチシズム、そして大胆な政治的反乱、その中心にはつねに女性がいた。この精神と魅力の飛び地が及ぼしたヨーロッパ的影響は計り知れない。本書はこの文化宇宙の多様な伝統とコスモポリタン的なかかわり合いを描き、もっとも魅惑的な女性像に光を当て、「失われた楽園」を再現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社交的小宇宙としてのサロン
  • 遡行-サロン文化の先駆者たち
  • 太陽王と啓蒙主義の時代における文学サロン
  • ロマン主義時代のサロン文化
  • 遅れ咲き-王政復古から現代までのサロン
  • 20世紀におけるサロン文化の変種と末裔
  • 「失われた楽園」を惜しんで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパのサロン : 消滅した女性文化の頂点
著作者等 Heyden-Rynsch, Verena von der
石丸 昭二
Heyden‐Rynsch Verena von der
ハイデン‐リンシュ ヴェレーナ・フォン・デア
書名ヨミ ヨーロッパ ノ サロン : ショウメツシタ ジョセイ ブンカ ノ チョウテン
書名別名 Europäische salons
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.2
ページ数 266, 35p
大きさ 20cm
ISBN 4588021915
NCID BA34835800
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98085416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想