ドイツ二つの過去

田村光彰 著

東西ドイツ統一は成功したのだろうか。外国人排斥を訴えるネオ・ナチ、増大する失業者、蔑視される旧東独側、そしてこれらが相乗された結果の政治不信。旧態依然とした勢力に対し、自由な発想を持つ政党が、ドイツ再生の道を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ナチの「過去」とドイツナショナリズム(いま、なぜ?西独で極右勢力台頭
  • 外国人排斥にみる統一ドイツの苦悩
  • ヴァイツゼッカー去り、ナショナリスト来る ほか)
  • 第2章 東独の「過去」とベルリンの壁開放(エルンスト・ブロッホの復権と東独文学
  • 東ドイツの新しい野党)
  • 第3章 緑の党ともう一つの統一(西ドイツ緑の党とフェミニズム
  • 西ドイツ緑の党の議会外運動と直接民主主義
  • 東・西緑の党とドイツ統一)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツ二つの過去
著作者等 田村 光彰
書名ヨミ ドイツ 2ツ ノ カコ
書名別名 Doitsu 2tsu no kako
出版元 技術と人間
刊行年月 1998.2
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 476450118X
NCID BA34827325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99022237
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想