海の道と東西の出会い

青木康征 著

大航海時代を飾る有名人物にヴァスコ・ダ・ガマ、コロンブス、ヴェスプッチ、マゼセンらがいる。彼らはそれぞれの局面で互いに面識をもち、交遊を重ね、ともにアジア到達を夢みた僚友であった。本書では、ややもすれば歴史の本脈から脱落しがちな彼らのあいだにみられる人間関係をひろいながら、彼らが競合しあって実行した航海の動態と、その所産といえる近代世界秩序創出の過程を検証したい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 地中海世界と東方貿易
  • 2 ポルトガルの航海事業とその動態
  • 3 西廻り航路でアジアをめざす
  • 4 東西の出会い

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海の道と東西の出会い
著作者等 青木 康征
書名ヨミ ウミ ノ ミチ ト トウザイ ノ デアイ
書名別名 Umi no michi to tozai no deai
シリーズ名 世界史リブレット 25
出版元 山川出版社
刊行年月 1998.2
ページ数 82p
大きさ 21cm
ISBN 4634342502
NCID BA34800216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98077797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想