日本古代寺院造営の研究

森郁夫 著

[目次]

  • 目次 / p3
  • 序章 古代における寺院 / p1
  • はじめに / p1
  • 一 新来の文化 / p2
  • 二 寺の構成 / p4
  • 三 僧侶の活動 / p7
  • 四 まとめ / p10
  • 第I部 伽藍造営
  • 第一章 初期寺院の様相 / p15
  • はじめに / p15
  • 一 仏教伝来 / p16
  • 二 史料に見える寺院造営 / p18
  • 三 畿内の初期寺院 / p22
  • 四 寺院造営の背景 / p35
  • 五 朝廷の仏教受容 / p38
  • 六 堂塔造営の順序 / p44
  • 七 瓦当文様に見る朝鮮半島の要素 / p47
  • 八 まとめ / p53
  • 第二章 寺院造営と交通路-摂津・河内・和泉の場合 / p59
  • はじめに / p59
  • 一 交通路沿いに営まれた寺々 / p60
  • 二 摂津・河内に営まれた初期の寺々 / p62
  • 三 七世紀後半に営まれた河内の寺々 / p70
  • 四 和泉地域に営まれた寺々 / p72
  • 五 まとめ / p74
  • 第三章 伽藍配置変化の要因 / p77
  • はじめに / p77
  • 一 問題点の所在 / p82
  • 二 伽藍配置の諸相 / p86
  • 三 伽藍配置変化の要因 / p97
  • 四 まとめ / p110
  • 第四章 古代における同笵・同系軒瓦 / p117
  • はじめに / p117
  • 一 同范品・同系品の概要 / p118
  • 二 同范品・同系品から考えられること / p121
  • 三 まとめ / p134
  • 第五章 造営技術僧の活躍 / p137
  • はじめに / p137
  • 一 造営技術僧たち / p138
  • 二 営まれた堂塔 / p147
  • 三 大安寺僧道慈 / p160
  • 四 まとめ / p166
  • 第II部 官営寺院
  • 第一章 推古朝「寺四十六所」と天武朝「京内二十四寺」 / p173
  • はじめに / p173
  • 一 推古朝の仏教政策 / p174
  • 二 天武朝の仏教政策 / p175
  • 三 七世紀前半の寺と遺跡 / p177
  • 四 七世紀後半の寺と遺跡 / p187
  • 五 まとめ / p190
  • 第二章 平城京における初期官寺 / p197
  • はじめに / p197
  • 一 寺々の成り立ち / p198
  • 二 伽藍配置の改変 / p202
  • 三 移建の問題 / p205
  • 四 史料に見える前身寺院 / p209
  • 五 まとめ / p217
  • 第三章 官寺川原寺 / p221
  • はじめに / p221
  • 一 川原寺の地位 / p222
  • 二 川原寺の規模 / p224
  • 三 川原寺の飛鳥残留 / p225
  • 四 川原寺の伽藍配置 / p229
  • 第四章 新薬師寺創建時所用軒瓦 / p233
  • はじめに / p233
  • 一 発見された瓦 / p234
  • 二 瓦の年代 / p241
  • 三 寺域東半部の造営 / p244
  • 四 まとめ / p246
  • 第五章 寺院造営規制と秋篠寺の造営 / p251
  • はじめに / p251
  • 一 光仁・桓武朝の仏教規制政策 / p252
  • 二 光仁・桓武朝の造営事業 / p254
  • 三 秋篠寺の概観 / p258
  • 四 秋篠寺の造営 / p261
  • 五 まとめ / p264
  • 第六章 国分寺初期の様相 / p269
  • はじめに / p269
  • 一 史料に見える造営工事の進行 / p270
  • 二 各国の進捗状況 / p277
  • 三 工事が進まなかった事情 / p284
  • 四 まとめ / p285
  • 第III部 造営供養
  • 第一章 造営工事における地鎮・鎮壇供養 / p291
  • はじめに / p291
  • 一 奈良時代の地鎮遺構と埋納物 / p292
  • 二 史料にみる地鎮供養 / p306
  • 三 地鎮具の埋納法 / p308
  • 四 密教による地鎮・鎮壇 / p317
  • 五 まとめ / p331
  • 第二章 長岡・平安二つの遷都鎮祭 / p337
  • はじめに / p337
  • 一 奈良時代の鎮祭 / p338
  • 二 長岡遷都 / p340
  • 三 平安遷都 / p341
  • 四 まとめ / p343
  • 第三章 古代寺院における舎利納置 / p347
  • はじめに / p347
  • 一 舎利納置の事例 / p348
  • 二 舎利納置の位置 / p355
  • 三 荘厳具 / p357
  • 四 まとめ / p359
  • 付章 古代寺院をめぐる諸問題 / p363
  • はじめに / p363
  • 一 古代寺院の移建と再建 / p363
  • 二 海龍王寺と姫寺跡 / p370
  • 三 国分寺造営と国司 / p374
  • 四 奈良時代寺院の密教的要素 / p377
  • 五 畿内制の成立と寺院の造営 / p379
  • あとがき / p391
  • 初出一覧 / p396
  • 寺院・遺跡名索引 / p1
  • 地名索引 / p6
  • 人名索引 / p8
  • 事項索引 / p11

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本古代寺院造営の研究
著作者等 森 郁夫
書名別名 日本 古代 寺院 造営

Nihon kodai jiin zoei no kenkyu
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1998.2
ページ数 396, 18p
大きさ 27cm
ISBN 4588328042
NCID BA34790316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98085554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想