構造変化の経済動学 : 学習の経済的帰結についての理論

L.L.パシネッティ 著 ; 佐々木隆生 監訳 ; 清水一史, 本田雅子, ミカエラ・ノタランジェロ 訳

本書は、構造変化の経済動学を、資本財と利潤のない純粋労働という大胆で鋭い抽象の中で追求し、現代産業経済を特徴づける人間学習に基づく技術変化と雇用、価格変化の関係の本質的特徴を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済理論と構造変化の放置
  • 第2章 純粋労働生産経済
  • 第3章 均斉動学
  • 第4章 構造動学
  • 第5章 進化する構造と価格水準
  • 第6章 消費、貯蓄、利子率と異時点間所得分配
  • 第7章 長期発展の進化する構造について
  • 第8章 「現実」経済体系から「自然」経済体系に向かって:制度の役割
  • 第9章 経済体系の有界性と国際経済関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 構造変化の経済動学 : 学習の経済的帰結についての理論
著作者等 Notarangelo, Micaela
Pasinetti, Luigi L
佐々木 隆生
本田 雅子
清水 一史
ノタランジェロ ミカエラ
パシネッティ L.L.
書名ヨミ コウゾウ ヘンカ ノ ケイザイ ドウガク : ガクシュウ ノ ケイザイテキ キケツ ニ ツイテ ノ リロン
書名別名 Structural economic dynamics

Kozo henka no keizai dogaku
シリーズ名 ポスト・ケインジアン叢書 25
出版元 日本経済評論社
刊行年月 1998.2
ページ数 247p
大きさ 22cm
ISBN 4818809683
NCID BA34750730
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99040099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想