夏目漱石 : 『明暗』まで

内田道雄 著

小説建設者としての漱石の明と暗。『明暗』こそは夏目漱石にとってその生涯を賭けた最も「小説らしい小説」であった。その卓抜な到達に向かって振り子的運動を続けた独特の制作過程と「小説の組立」を追う、著者歴年の仕事の結実がここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 文学的出発をめぐって
  • 2 夢想と現実
  • 3 『明暗』へ
  • 4 研究史論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夏目漱石 : 『明暗』まで
著作者等 内田 道雄
書名ヨミ ナツメ ソウセキ : メイアン マデ
書名別名 Natsume soseki
出版元 おうふう
刊行年月 1998.2
ページ数 351p
大きさ 22cm
ISBN 4273030160
NCID BA34748874
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98082053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想