光と影・蘇る近代建築史の先駆者たち

近江榮 著

[目次]

  • 1部 大学に於ける最終講義(自分史を通して辿る近代建築史研究の道程)
  • 2部 資料としての論文(ウイリアム・モリスの評価について
  • 明治期に於けるビジネスセンターの誕生とその発展-三菱煉瓦街を中心として
  • 近代建築史における設計競技の位置-「帝冠様式」への起因
  • 日本におけるR・C構造建築のさきがけと海軍技師・真島健三郎について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 光と影・蘇る近代建築史の先駆者たち
著作者等 近江 栄
書名ヨミ ヒカリ ト カゲ ヨミガエル キンダイ ケンチクシ ノ センクシャタチ
出版元 相模書房
刊行年月 1998.1
ページ数 213p
大きさ 22cm
ISBN 4782498039
NCID BA34680180
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98069842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想