バッハとバロック音楽

ステーファノ・カトゥッチ 著 ; 畑舜一郎 訳

ヨハン・ゼバスティアン・バッハは近代音楽の創始者として知られているが、当時最高のオルガン奏者でもあった。協奏曲、組曲、前奏曲、フーガ、ソナタ、カンタータ等、ありとあらゆる形式の作品に非凡な才能を発揮した偉大なバッハの生涯をたどり、傑作の数々を紹介。宗教戦争に終止符を打ったばかりのドイツ、太陽王ルイ14世の支配するフランス、ヴィヴァルディが活躍するイタリア、強大な勢力を持ちはじめたイギリスなど、17世紀後半から18世紀前半にかけてバロック全盛時代を迎えたヨーロッパをめぐる魅惑の旅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 登場人物
  • ドイツ
  • 音楽家という職業
  • 宗教
  • バロック時代
  • オルフェウス伝説
  • 音楽を求めての旅
  • オルガンの仕組み
  • カンタータ
  • 対位法〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バッハとバロック音楽
著作者等 Catucci, Stefano
Salvi, Francesco
畑 舜一郎
カトゥッチ ステーファノ
書名ヨミ バッハ ト バロック オンガク
書名別名 Bach e il barocco musicale

Bahha to barokku ongaku
シリーズ名 絵本で読む音楽の歴史 2
出版元 ヤマハミュージックメディア
刊行年月 1997.11
ページ数 63p
大きさ 30cm
ISBN 4636209613
NCID BA34671838
BA34672160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99004248
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想